飛鳥会は精神に障害のある方とその家族、および会の趣旨に賛同する関係者や市民で構成されているNPO法人です。
遅れていた精神保健福祉の拡充に努め、共同作業所やグループホームの設立、飛鳥会事務所における障害者自立生活プログラムを実践し、地域における精神障害者理解を進めてきました。
現在はNPO法人として3ヶ所の就労継続支援B型事業所、グループホーム、指定特定相談支援事業所、北区の委託により、「北区障害者地域活動支援室支援センターきらきら」を運営しており、地域生活支援の一層の充実を図っています。